沿革

History

  1. HOME
  2. 会社案内
  3. 沿革
昭和17年6月三好造船有限会社を設立。政府計画造船250トン級建造。
昭和17年12月政府要請により市内3造船会社合併。宇和島造船株式会社設立。
昭和21年6月終戦により三好造船有限会社設立。
昭和22年12月連合軍総司令部より100トン未満の木造造船製造並びに修理事業の許可を得る。
昭和33年2月資本金240万円に増資し、三好造船株式会社と呼称する。鋼船500トン未満の建造船台を増設する。
昭和41年9月第4船台を鋼船1,000トン未満の建造船台に許可される。
昭和43年11月資本金500万円に増資する。
昭和45年1月第4船台を鋼船2,000トン未満の建造船台に許可される。
昭和46年7月第5船台を鋼船1,000トン未満の建造船台に許可される。
昭和47年12月第4船台を拡張し、鋼船3,000トン未満の船台許可を申請。
昭和48年1月船監許第1337号昭和48年1月25日付けで同上許可される。
昭和48年7月資本金2,000万円に増資する。
昭和48年7月第4船台の呼称能力を3,000トンに変更届出、認可される。
昭和49年6月第4船台の呼称能力を4,000トンに変更届出、認可される。
昭和50年1月第4船台の呼称能力を4,700トンに変更届出、認可される。
昭和50年6月第4船台を拡張し、鋼船5,000トン未満の船台許可を申請する。
昭和50年7月第4船台の呼称能力を5,000トンに認可される。
昭和53年3月40Tジブクレーン設置。
昭和54年9月30Tジブクレーン設置。
昭和56年4月㈱栗之浦ドックより全面支援を受け系列下。
昭和57年11月資本金8,000万円に増資する。
昭和59年11月100Tジブクレーン設置。
平成5年11月成瀬倉祥、代表取締役となる。
平成7年7月第4船台の呼称能力を5,998トンに拡張し、認可される。
平成17年2月第4船台の呼称能力を7,400トンに拡張し、認可される。
平成20年6月宿毛工場の操業を開始する。
平成21年8月成瀬智文、代表取締役となる。
平成24年5月宿毛工場へ50Tジブクレーンを設置する。
平成24年8月宿毛工場へ60Tジブクレーンを設置する。
平成26年宿毛工場へブロック塗装工場を建設する。
平成27年9月宿毛工場へクローラークレーン200Tを導入する。
平成28年9月NC型鋼切断機を導入する。
平成28年9月300TON型フレームベンダーを導入する。
平成29年4月宿毛工場へ150TONブロック搬送台車を導入する。
配管設計用3次元ソフトを導入する。
平成31年4月宿毛工場へ300TON型フレームベンダーを導入する。
令和元年9月船舶設計用3次元ソフトを導入する。
令和元年12月外国人技能実習生用の寮を建設する。
令和2年6月機器事業部を新設する。