三好造船社内報(創刊準備号)発刊

 2020年3月31日、三好造船の社内報を発刊しました。今回は創刊準備号ということで暫定的な内容になっていますが、社員アンケート等から様々な企画で内容を充実させ、より一層クオリティの高い仕事ができるよう、社内外の情報共有を進めていきたいと考えています。

■創刊準備号の主な内容

【社内報創刊準備に寄せて】
 「GOLDEN MIND」の進水式では、風の強い中を無事進水することができました。建造に携わって頂いた皆様に、改めてお礼申し上げます。
朝礼でもお話しました様に、この船を我々の娘だと思って、5月末の引き渡し(嫁ぐ日)に向けて、丁寧に、手を抜かず、大切に造りあげて(育てて)頂きたいと思います。
 さて、この度、社内のいろいろな出来事や情報などを、社員の皆様とその家族、協力会社の皆様、関係各所の皆様と共有する事により、共に船造りに携わる大きな家族として、互いに協力し、助け合う心を育んで行きたいとの思いから、社内報を創刊する事と致しました。
 私からも、仕事に関する事や、船に関する事など、いろいろと情報発信したいと考えています。皆様からも多くの情報を頂きたいと思いますので、ご協力のほどお願いいたします。
 今後の建造予定は、S451番船としてS446番船と同型の12,000DWケミカルタンカーを建造致します。引き渡しは2021年5月が目標となっております。この船は、ドーヴァルSCタンカーズ様の社船となっておりますので、これまでの改善点を全て反映し、最良の船となる様進めて行きたいと思います。三好造船の力を結集して取り組みましょう。
 現在、新型コロナウイルスの影響が各地で広がっております。人が多く集まる場所への外出は極力避け、手洗い、うがいの励行、外出時のマスクの着用など、日頃から感染予防に心がけ、睡眠時間の確保、バランスの良い食事など健康管理にも充分留意して下さい。

代表取締役社長 成瀬智文
代表取締役社長 成瀬智文

【令和2年2月10日第446番船進水】
 令和二年二月十日(月)、当社四四六番船「GOLDEN MIND」の命名・進水式が執り行われました。本船はケミカルタンカーで遠洋区域を航行区域とし、
・全長124m
・巾20m
・深さ11.2m
・総トン数7250G/T
・載貨重量12400K/T
に及びます。
 船主はHONAI SHIPPINGであり、栗之浦ドックグループの自社船となります。オペレーターはドーヴァルSCタンカーズ様、船舶管理はドーヴァル・シップ・マネジメント様が行います。
 命名・進水式では厳粛な雰囲気のもと和霊神社の神職による神事が行われ、ファイナンスを担当していただいた伊予銀行様・商工中金様をはじめとするご列席の皆様による玉串奉奠のあと、千坂謙太郎様の力強い命名を経て、矢野愛織様の支綱切断で海へと送り出されました。
 進水後は塗装や洗浄、内装等の仕上げ作業をしながら、さまざまな試験・テストをクリアして、五月末に引渡し・出航となる予定です。
 GOLDEN MINDが安全かつ効率の良い航海ができるよう、造船所として最後まで質の高い仕事を全社一丸となって推進していきましょう。

GOLDEN MIND進水
「GOLDEN MIND」進水の様子

<今後の主な工程>
 4/10(金)ガバナ試験
 5/1(金)傾斜試験
 5/8(金)海上予行運転
 5/9(土)海上公試運転
 5/22(金)完工検査
 5/30(土)完工・引渡し

【社員紹介】
2020年1~3月に入社した3名の社員に自己紹介をしてもらいました。

【会社からのお知らせ】
①室内禁煙化
 4/1から改正健康増進法が全面施行されることに伴い社屋室内を禁煙とします。また、並行して喫煙所の整備を進めます。
②終業時間ルール
 同じく4/1から働き方改革関連法(残業時間の上限規制)が本格施行されることに伴い、最終終業時間を平日19時、土日祝18時とします。